親知らずの抜歯| 横浜市神奈川区東神奈川で歯科・歯医者をお探しの方は【医療法人サンライズ東神奈川 サンライズ歯科クリニック東神奈川】まで

時間 日祝
10:00~13:30
15:00~20:00

休診日:日曜・祝日

〒221-0044
神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-29
CIAL PLAT 4F

歯科医師臨床 研修施設

【親知らずの抜歯】

親知らずは必ず抜く必要のある歯というわけではありませんが、むし歯や歯周炎になることが多く、また上下でかみ合わない事も多いため、結果的に抜歯を選択することが多い歯です。

・保険診療

なぜ親知らずの抜歯が必要?

親知らずの抜歯が必要とされるのは、親知らずと周りの歯がむし歯や歯周病になりやすいためです。

歯磨きをするには悪条件の場所にある親知らず

横浜市神奈川区東神奈川・医療法人サンライズ東神奈川 サンライズ歯科クリニック東神奈川

親知らずは、顎(あご)の骨の成長が終わってから出てくるので、時には顎の中で出てくる場所がなくて、斜めにはえてきたり、もしくはあごの中にとどまって、出てこないまま歯ぐきの下にいたままになることもしばしばあります。 いずれにしても、歯磨きをするには悪条件の場所にあるため、出てきた親知らずはむし歯になることが多く、歯ぐきの下にとどまったままの親知らずは、歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)が深くなりやすく、部分的な歯周炎(智歯周囲炎と言います)を引き起こすことが多いです。むし歯の場合も歯周炎の場合も、症状を自覚した頃には進行している場合が多いため、状態を審査した上で判断しますが、そのような多くの場合は抜歯となります。

どうやって抜くのでしょうか?

横浜市神奈川区東神奈川・医療法人サンライズ東神奈川 サンライズ歯科クリニック東神奈川

親知らずを抜く場合、そのはえ方や顎の中での位置、また上下で抜歯の方法が異なります。一般的には、通常の抜歯の方法にしたがって、歯科用局所麻酔後、抜歯の専用器具を使って歯を抜きます。その後は止血を確認して終了です。上の親知らずは、まっすぐ出てくることが多いため、抜歯の手技は上述のようにいたってシンプルなことが多いです。下の親知らずは、斜めにはえていたり、歯ぐきの下にいることも比較的多いため、そのような場合は、歯ぐきを切開したり、親知らずを割って分割した状態で取り出すこともあります。その後は1~3針程度縫合することもあります。また、全身疾患のある方や高度の手技を要する抜歯の場合は、連携先の口腔外科にご紹介させていただきますので、どのような状態でも安心して処置を受けていただくことができます。

親知らずの抜歯についてよくある質問を見る 
ページトップへ