コラム| 横浜市神奈川区東神奈川で歯科・歯医者をお探しの方は【医療法人サンライズ東神奈川 サンライズ歯科クリニック東神奈川】まで

時間 日祝
10:00~13:30
15:00~19:00

休診日:日曜・祝日
★火曜/土曜:9:00~13:00/14:30~19:00(最終受付18:30)

〒221-0044
神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-29
CIAL PLAT 4F

歯科医師臨床 研修施設

むし歯の症状は進行度によって変わる?

皆さんこんにちは。

サンライズ歯科クリニック東神奈川です。

 

むし歯=歯痛というイメージをお持ちの方が多いためか、「歯が痛い」という具体的な症状が現れなければ、歯科を受診しないケースが少なくありません。

 

けれども、むし歯というのは進行度に応じて症状も大きく変わるもので、単に痛みがあるかどうかで判断するのはとても危険なことだといえます。

 

そこで今回は、「進行度によって変わるむし歯の症状と注意点」をわかりやすく解説します。

 

「歯が痛い」のは進行したむし歯

もっともポピュラーな「歯が痛い」という症状は、むし歯がある程度進行してから現れるものです。

 

私たちの歯は、一番外側に「エナメル質」という人体で最も硬い組織があり、そこには神経が分布していません。

 

その下に存在している「象牙質」の一部には、神経が分布しています。

 

つまり、歯が痛いと感じた場合は、少なくとも「象牙質までむし歯が進行している」ことを意味します。

 

重度のむし歯は痛みが消える?

歯の痛みばかりに気をとられていると、大変な間違いを犯すことがあります。

 

それは「むし歯が自然に治った」という誤解してしまうことです。

 

重度のむし歯では、歯の神経まで細菌に侵されているので、激しい痛みを伴うようになります。

 

けれども、一定以上進行すると、いよいよ歯の神経まで死んでしまうのです。

 

その結果、むし歯が残っているにもかかわらず痛みが消失します。

 

これを「自然治癒と勘違いして放置」すると、さらなる病態の悪化を招いてしまいますので十分注意しましょう。

 

初期のむし歯の症状

初期のむし歯は、歯の表面に「白いシミ」のようなものが現れます。

 

その段階で歯医者さんを受診すれば、「歯を削らずに治す」ことができますよ。

 

ですから、普段からご自身の歯を観察して、白いシミなどの異常が現れないか、こまめにチェックするようにしましょう。

 

まとめ

このように、むし歯は実に多様な症状が現れる病気です。

 

歯痛」だけにとらわれることなく、何らかの異常が認められたらすぐに歯科を受診しましょう。

 

むし歯は発見が早ければ早いほど、治療も楽になりますし、残せる歯質の量も多くなります。


ページトップへ