コラム| 横浜市神奈川区東神奈川で歯科・歯医者をお探しの方は【医療法人サンライズ東神奈川 サンライズ歯科クリニック東神奈川】まで

時間 日祝
10:00~13:30
15:00~19:00

休診日:日曜・祝日
★火曜/土曜:9:00~13:00/14:30~19:00(最終受付18:30)

〒221-0044
神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-29
CIAL PLAT 4F

歯科医師臨床 研修施設

ホワイトニングは歯を削らずに白くできる

皆さんこんにちは。

サンライズ歯科クリニック東神奈川です。

 

歯の黄ばみを改善する審美には、いろいろな種類があります。

 

その中でも比較的手軽に行えるのは「ホワイトニング」です。

 

なぜならホワイトニングは「歯を削らずに黄ばみを解消」できるからです。

 

今回はそんなホワイトニングで歯が白くなるメカニズムをわかりやすく解説します。

 

ホワイトニング剤で歯を漂白する

ホワイトニングで歯が白くなるメカニズムは、簡単にいうと「歯の漂白」です。

 

過酸化水素や過酸化尿素からなるホワイトニングジェルを歯の表面に塗って、光を照射します。

 

すると、「歯の内部にまで浸透した薬剤」が活性化され、汚れを分解してくれるのです。

 

ちなみに、過酸化水素というのは、洗濯で使用する漂白剤にも含まれている成分です。

 

健康に悪くないの?

歯の漂白と聞くと、「安全性」を心配される方が出てくることかと思います。

 

というのも、洗濯に使用する漂白剤ですら取り扱いに注意しなければならないわけですし、それを歯に作用させるとなると不安にもなりますよね。

 

けれども、その点はご安心ください。

 

ホワイトニング処置を施すのは「歯科医師や歯科衛生士」といった専門家ですし、処置の最中に歯ぐきなどが傷害されないようきちんとガードします。

 

つまり、万全の体制でホワイトニング処置を実施することから、健康被害が生じるリスクも限りなくゼロに近いといえます。

 

一時的な知覚過敏になることはある

ホワイトニングでは、処置自体が適切に行われても、「冷たいものがしみる」という象牙質知覚過敏症が生じることはよくあります。

 

これはホワイトニングを行う上で、避けることのできないリスクです。

 

とはいえ、知覚過敏の症状が延々と続くわけではありません。

 

あくまで一時的な症状」ですので、それほど心配する必要もありませんよ。

 

まとめ

このように、ホワイトニングなら歯を削らずに、黄ばみや黒ずみなどの着色汚れを取り除くことができます。

 

ホワイトニングの細かい手順や安全性について、さらに詳しく知りたい方はいつでも当院までご連絡ください。

 

わかりやすくご説明します。


ページトップへ